トラウマを植えつける装置としてのCM

5月11日のなんで買ったノートは、番外編(CMのこと書くから”篇”にしようかしら)。

おいしかったからモスのテリヤキクリームチーズバーガーのこと書こうかと思ったんだけど

テレビ観てたらキンチョーとかTO BE WHITEとかACの「どんな気持ちかな?」のCM見てトラウミー(トラウマを生む)なものが多かったんでそこらへんの話しよっかなって。

※今回なにも買ってないけどCMに関する本はたくさん買ってらぁ。この前も広告批評274号買った(ラーメンズ特集。昔はヤフオクで5000円とか出てたけど、今じゃ落ち着いて1500円いかないくらいで買えた)。広告批評は好き過ぎて(聞くだけのクラスだったけど、広告学校も行ってた)バックナンバーめっちゃある。夢見てたな~

なんでトラウミーなCMのこと書くの?

  • 歯磨き粉『TO BE WHITE』のCMを見て、母が「このCM怖い」とつぶやいた
  • その後すぐ、キンチョーの『ローズの香り KINCHOのピンクシリーズ』のCMが流れて、父が「このCM見て泣き出す子どもが結構いるんじゃないかな?」と言った
  • 私が「CMには子どもにトラウマを植え付ける役目がある」と主張した
  • 母に「小さい頃怖かったCMはなに?」と聞かれた

トラウミーなCM多くない?

母が怖いって言ったのは歯磨き粉『TO BE WHITE』のCM

人形、こわいよね。ひょっこりひょうたん島も怖かった気がする。目も発光するし、ズラ取れたあとのカタチもこわいし。肌色の歯ってこわいし。

公式サイトもこわい。こいつら全開だし。今っぽくていいサイトだと思います。

CMの着地点としてもわかりやすいし。

TO BE WHITE

白いともっとこわいのねこいつら。

父が怖いって言ったのはキンチョーの『ローズの香り KINCHOのピンクシリーズ』のCM

こわすぎる。ちいちゃい子は泣き喚くんじゃないかな。いいよねー。

このめっちゃこわいニコちゃん大魔王みたいなやつ、金鳥の玉次郎いうんやて。続投。2年目の登場です。子どもの頃、夏にやる怖い映画とか番組のCMがこわかったけど

「夏が近づくとヤツ(玉次郎)がくる……(ゴクリッ」

みたいなトラウマになると楽しいよね。あとアニメ版『キョロちゃん』のけばけばがこわかった。

まぶたの動きとかコワスギー。キンチョーは狙いにきて当てるからすごい。大日本除虫菊。おもしろいことが前提だから毎年楽しみですよね。

YouTubeに公式動画あげればいいのに。

その代わりにCM集ページをしっかりつくってて、企画意図まで載ってる。さすがっすね。

金鳥のピンクの殺虫剤シリーズ「ピンクマーケティング」篇 | CM情報 | KINCHO 大日本除虫菊株式会社

私がこわかったのはヴィーナスフォート開業CM

なーい!動画がないんざます。くっそーーーーー見たいよ~~~~~。

お台場にあるヴィーナスフォートの開業時のCM。まだオープン前でティザーっぽい感じで流れてたんだけど、森の中で小人?妖精?的ななにかが

ハッハハヒホフホ・フヘヘヒホハホ・ハッハハヒホ!ハッハハヒホ!

って曲が流れるなか、なんかしてるCM。

小学生だったからえのちゃん(小学校時代の友達)とずっとマネしてたんだけど、意味わかんなくてトラウマになった。

トラウマを植えつける装置としてのCMってなんだよ(笑

この前『久保・みね・ヒャダ こじらせナイト』で観たんだけどテレビ番組には

  • 報道
  • 教育
  • 教養
  • 娯楽

って種別があって(通販・その他って種別もあるらしい)、番組を構成する要素のひとつにこれらが1つでも引っかかってなきゃいけないんだって。

で、CMの役割って

  • 商品を知ってもらう
  • 商品を買ってもらう
  • ブランドや企業を知ってもらう(愛してもらう)

的なモノなんだろうけど、もっと抽象的な意味とか役割があってもいいと思うのよね。

無限に流れるCMの中で、差別化させるためにちょっとしたホラー要素を入れたり、ノイズを入れたりする。

それが刺さりやすいのが子どもの頃。

で、子どもの頃こわかったCMって結構覚えてるから、ブランド認知とか強いイメージを残すことになると思うのよね。

「あのこわかったCM、○○社のCMだったのか!」ってわかった頃には、その商品や会社なくなってるかもしれないけど、ヴィーナスフォートは開業18年だって……。あれからそんなに経ったのか……その事実のほうが(私にとって)ホラーだ。

こわいCMがあったりすると「言うこと聞かないと○○(こわいCMのキャラとかシチュエーション)がくるわよ!」みたいな脅し方もできるしね。やらないか。

あと「なんだあのCM!こえーーーーー」からの「誰がつくってるんだろう?」って流れがあると、私みたいに広告少女になって放送学科CM専攻とかに進学するよ。

そんでトラウミーCMをつくった先生の講義とか受けたりして感動したりするよ。

私の好きなトラウミーCM

言わずと知れたキッチンマザー

個人的に大大大好きな乾電池ハイトップ

明治生命保険のアイム・ア・チャンピョン。これも好きやなー

あーっ。いいよね~。

このぐらいインパクトあるの観たいなーーーーーー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です