ハイパーリンクチャレンジ2015と中島なかじが選ぶ今年いちばんの○○

大学の先輩がウェブメディアを記事単位で褒めそやす『ハイパーリンクチャレンジ2015』という素敵なアワードをつくったので自発的に参加します。

以下、開催趣旨のコピペが続くので飛ばしたい人はこちらをクリック

ハイパーリンクチャレンジ2015 開催趣旨

「SEOでは計れない、価値がある。」
「ウェブだって、すごいんだぞ!」
「ウェブメディアだって、むくわれたい。」

現状ではウェブメディアに対するアワードがない。しかし、作り手は日々葛藤しながら多くのコンテンツを作り出している。それらが時代の流れに乗って刹那的に消費されるだけではなく、その年ごとの記録を残すことで、資料的価値を持たせる(映画の「日本アカデミー賞」、ユーキャンの「流行語大賞」、書店員が決める「本屋大賞」をあわせもったイメージ)。

アワード形式にすることで、担当編集者・ライターを表彰することも目標のひとつ。

【概要】

・その年(前年12月〜本年11月)までに公開されたウェブコンテンツから印象に残った記事を2本だけピックアップする。1本は自らが執筆・制作に関わった記事、もう1本は他媒体で公開された記事とする。

・参加者はそれぞれの記事を選んだ理由を、ブログやSNS等にまとめて発表する。選考した理由もあることが望ましい。

・また、次にチャレンジを受けてもらいたい人物、印象に残った記事を聞いてみたい人物も2人〜3人程度指名する。なお、指名がなくとも、開催趣旨への理解があれば自発的な参加も歓迎する。

・記事制作後、次のハッシュタグを付けてTwitterにて報告ポストを投稿する → #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

・ハッシュタグ「孫まで届け」には、いずれ日本のソーシャルヒーロー孫正義さんまで参加してくれたら嬉しい、孫の代まで読まれていきたい、参加していただいた方に“ソン”はさせない、という気持ちが込められている。

・投票は、12月20日を持って集計〆切とする。

【評議会】

本年は(言い出しっぺの)下記4名により評議会を開催。有効得票数による部門別アワード(※予定)と、印象に残ったコメントをピックアップして(何らかの形で)報告する。

・藤村能光
・長谷川賢人
・佐藤慶一
・鳥井弘文

開催趣旨は以上。

私は普段、中島なかじ(中島由貴)という名前でマーケッターをしていたりサバイブという自社メディアで記事を書いたりしています。

またインターネット大好き人間を15年ほどやっていて、毎年膨大な数の記事を読むので、今年いちばん印象に残った記事を決める作業(いいね!の棚卸し)は骨の折れる作業でした。

でも超たのしかった。

ハイパーリンクチャレンジが来年も開催されて、今度こそバトンが回ってくることを祈ります。

今年いちばん印象に残った記事

ありのままに長渕剛オールナイトライヴ富士山麓ふもとっぱら現場で起こったことを話すぜ!
http://togetter.com/li/864407

本人さんが『長渕剛 10万人オールナイト・ライヴ 2015 in 富士山麓』に参戦しながらレポートしたツイート(229件!)をまとめたものです。

尊敬している人が話していた今年印象に残った言葉を絡めながら、選考理由を説明していきます。

選考理由

どんなにおもしろい記事を読んでも真顔で草生やすタイプの私ですが、このトゥギャッターは読みながら何度も声を出して笑いました。それってすごくない?

記事というかツイートの集合体なので開催趣旨に反するかもしれんのですが、5時間くらい今年の自分のツイートを読み返して「リアルタイムで熱狂してワクワクが止まらなかった記事はこれっきゃない!(脳内ポイズンベリー的な意味で)満場一致!」となりました。

1.代わりに行って伝えてくれた

最近読んだ記事で「メディアって本来、暇じゃない人の代わりにニーズがあるものを見聞きして体験したものを提供するもんだよね」的な話を読んで、まさにこの記事のことだなと。

「長淵が富士山のふもとっぱらで10万人規模オールナイトライブをやる」と聞いて「なにそれ!?超おもしろそう!行く気はないけど!」と思っていたので、まさに要望に応えて期待以上の感動を与えてくれた記事でした。

ネタ自体のおもしろさ×書き手の愛情と文才で、記事ってここまでおもしろくなるんですね。

とにかく読んでほしい

2.媒体と書き手がどちらとも幸せになる感じを想像させてくれた

過去に小さな会社のウェブコンサルやSEOをやってきた私は、自分のものでない媒体に記事を書くことに対して「(他の媒体を使う利点はあるだろうけど)価値やPVが分散しちゃってもったいなくない?」なんて考えていました。

でも最近参加した【未来の編集者の「働き方」】について考えるイベントでしおたんさんが「書き手の乗り物(媒体)が増えることで、媒体のファンも増えるし書き手のファンも増える」的なことを言っていて、自分の考えが古くてこり固まっていたことに気づきました。

本人さんは

  • いろんなアーティストのライブに行っては「○○(アーティスト名)!俺だー!!」とツイートして感想をつぶやく
  • 猫を飼っている

以外の情報がない、謎につつまれた人物です。

twitterアカウントとご自身でまとめたトゥギャッターしかないようなのですが、選んだ記事(ふもとっぱらのレポ)読んでから大ファンになってしまい、ツイートを楽しみにしているし、この人が書くならどんなメディアでもどんなネタでも読んでみたい。

そして、本人さんにオファーするメディアのことも「目の付けどころがシャープだね!」って好きになると思います。

うぃんうぃんと愛が溢れる音がする。
おもしろい記事には必ず愛がある。

3.自分が好きになる記事にはどんな要素があるか?考えさせてくれた

前述のイベントでコルクの佐渡島さんが「よい書き手は深夜ラジオのパーソナリティーのようなところがある。読み手と書き手が1対1のようで、そういう文脈でやると反応が違う」とおっしゃっていて、それも当てはまってるなと。

twitterはリアルタイムでタイムラインが更新されるので、本人さんの息遣いが伝わってきます。

ライブを楽しみながら、おもしろい部分を見つけて・選んで・つぶやくという編集力もすごい!

そのへんのライブ感も含めて、今年いちばんの記事を選ぶにあたって

  • ネタ自体のおもしろさ
  • (リアルタイムで読まなくても伝わる)ライブ感
  • 本人の熱量
  • 「私に1対1で語りかけてるの!?」と錯覚させるほどのパトス
  • 俯瞰と集中のバランス
  • 溢れんばかりの愛

がある文章が好きなんだな~と認識させてくれました。

だから私も愛のある記事を書きたいし、愛のあるものだけを紹介していきたい。

ハイパーリンクチャレンジには「自らが執筆・制作に関わった記事を1つあげる」というルールがあるので、私が書いた記事も紹介します。

今年いちばん印象に残したかった記事

武蔵小杉VS赤羽|本当に住みやすい街 頂上決戦
http://www.survive-m.com/move/akabane-musako.html

愛で書いた記事です。むしろ愛しかない。マネタイズ完全無視。

実は似ている【流行のキラキラタワマンタウン武蔵小杉】と【ネタ的に話題にされることが多い赤羽】を比べることで

再開発でキレイになるのもいいけど、一見悪そうに見えるところも隠さないで清濁併せ呑む街=赤羽は最高!

ということを伝えたかったんですね(そう考えるともうちょっと赤羽のネガティブな部分を描くべきだったかも。朝から酔っぱらって寝てるオジサンとか謎の忍者パブとか……気が向いたら更新しようかな)。

※街ネタ好きなLINEの田端さんとかに拾われて拡散したりしないかな~と思ったりしたけど、全然しなかったね

この記事を載せたサバイブという自社のウェブメディアは、まだ全っ然マネタイズできていないのですが、玉石混合のウェブメディアの中で【愛を抱きながら、本当に良いと思うモノやサービスややり方だけを紹介する】というやり方でなんとか生き残っていこうとしています。

(ハイパーリンクチャレンジを発足初日に知りながら、記事を書いたのは締切日という私のように)ものぐさな人間でも、激動の時代を生きて行くための知恵を身につけようぜ!というメディアです。

よかったら、のぞいていってください。

サバイブ|日本一わかりやすいお金のメディア

以下、蛇足です。

ハイパーリンクチャレンジは「次にチャレンジを受けてもらいたい人物、印象に残った記事を聞いてみたい人物も2人〜3人程度指名」というルールもあるのですがエントリー最終日なのでバトンは回しません。

そこで(せっかく久しぶりにブログ書くんだから)いろんな今年のいちばんを振り返ってみます。ご覧いただけた方のお役に立てれば幸いです。

中島なかじが選ぶ今年いちばんの○○

今年いちばんの旅先

父島

今年というか、人生で最高の旅先でした。

父島は、竹芝から25時間半船に揺られないと辿りつけない島です。

  • どこを切り取っても旅行ガイドの表紙になるような風景
  • 邪魔だと感じるくらい近づける、見たこともない魚たち
  • 船の上で見られる本当の闇
  • 戦争の跡
  • 誰かがこぼしたみたいな星空
  • マーケティングを知らない(というかスレてない?)人々

などなど普段体験できない出来事を一気に浴びて、ありゃ~すごかった。

5~6日まとめて休みが取れる人は、旅先として超おすすめです。人生変えちゃうかも。

今年いちばんの舞台

cocoon 憧れも、初戀も、爆撃も、死も。

今日マチ子さん漫画『cocoon』をマームとジプシーが舞台にしたものの再演です(ソフト化されてない!ショッキング!)。

舞台って苦手だったのですが、今年観た(というか体感した)『cocoon』と『PLUTO プルートゥ』のおかげで観劇が好きになりました。

打ちのめされて、頭の中を考えがグルグル回る感じ。観劇後、一緒に観た人と熱く語り合うのも最高。

今年いちばんのコスメ

Double Wear Stay-In-Place Makeup SPF 10/PA++

エスティ ローダーのリキッドファンデーションです。

昨年までは雪肌精のBBクリーム(2000円しないくらい)で誤魔化してきた私ですが、夕方の肌の崩れっぷりを見て「ちゃんとしなきゃ!」とファンデーションを使う決意をしました。

6000円くらいするのですが、そうそう崩れないし・肌に乗ってる嫌な感じもしないし・少量でも伸びるので結果的にコスパもいいです。

そろそろちゃんとしたファンデーションが欲しいな……という方は試してみる価値があるかと。

今年いちばんのプチプラ

無地スヌード

3COINSで売ってる、スヌード(マフラーみたいな輪っか)です。

さきほど紹介した赤羽愛を伝える記事で武蔵小杉に取材に行った際買ったものですが、300円なのに暖かく・安っぽく見えず・洗濯してもヨレない!

3COINSではネックウォーマーも売ってるのですが、首や足首を温めることでどれだけ冷えを回避できるか教えてくれたアイテムでした。買い!

今年いちばんのブラジャー

WONDER MAKE

一昨年ぐらいの夏から、進化したユニクロのブラトップのフィット感に惚れこんで毎日着用していたのですが、あきらかに乳がやる気をなくしダルンとしてきました。

あわててブラジャーを買いに行くと、下着屋の店員さんに「ブラトップはラクチンだけど、毎日つけると胸が垂れちゃうんです。胸に合ったブラをしなきゃ!」と説教されてしまいました。

それで購入したブラジャーがTriumphのWONDER MAKE。

ノンワイヤーの付け心地なのに、ワイヤーブラのようなシルエット・守られてる感があります。なにより乳が垂れない。いろんな乳バンドを試してきた私ですが、最高傑作かもしれません。

ブラトップばかり着て、乳が垂れ始めてきた疑いがある方はぜひ!

今年いちばんのアーティスト

ベッド・イン

90年代バブル期のオイニーを撒き散らす地下セクシーアイドルユニット『ベッド・イン』。

SOLOでの連載『ベッド・インの弾けないバブルをもう一度♪』を愛読していたのですが『LOFT MUSIC & CULTURE FESTIVAL 2015』でおギグをはじめて観て大コーフン。

マイクテストから超セクシー。世界観を構築しまくってて、曲もかっこよくて、パフォーマンスも最高で一気に大ファンになりました。

ティーシャツとチェキ2枚も(撮って)買ってしまったほど。

実力派だし、日本が明るくなると思うのでもっと売れてほしい。ど深夜でいいのでテレビで観たい。

自分でも何を伝えたいのかよくわからなくなってきたので、このへんでお開き!

ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です