サンメリーやるじゃん!秘密にしてたらゴメン「パンの田島」

パンの田島の看板(川口店)

2月22日!ねこの日のなんで買ったノートは、パンの田島のパンパンパン!(コンビーフポテト・黒豆きなこクリーム・半熟卵ビーフシチュー合わせて税込810円)。

なんで買ったの?

甲斐みのりさんの『地元パン手帖』を読んでパン欲に目覚めたため、地元パンを食べようと思って

最初は、いももちを巡る冒険だった。

昨日は日曜日だったので、恋人とダラダラ過ごした。昼過ぎに起きて、セブンイレブンのいももちを探す旅に出る。

旅といっても、住んでいる赤羽から荒川大橋を渡って川口に行くだけなんだけど。

セブンイレブンには東京未発売の「いももち」というメニューがある。

私が食べたい食べたいと駄々をこねたら、引越し屋で働く恋人が「この川を越えたら絶対あるから!」と言いきったので、川を渡った。川を渡る前の赤羽岩淵のセブンイレブンにはなかった。

川口のセブンイレブンでいももち発見!

川口のセブンイレブンをまわって2件目にしていももち発見(1件目はまさかの売りきれ)。

セブンイレブンのいももちが一番

ついつい店先で掲げてしまった。

以前、ファミマで食べたいももちよりも芋感がしっかりしていて、とろけるチーズもおいしい。

なんで東京で売らんのじゃムキー!

そうそうパンの話だった。

いももちを食べきってもお腹が膨れず、地元パンを探した。

映画『キューポラのある街』にも出ていて、ちい散歩でも紹介された老舗和菓子屋 太陽堂のお母さんとお話したり、樹ロードという商店街をブラブラしていたら、とびきりイマっぽいパン屋さんを発見!

パンの田島の店構え(川口店)

めちゃくちゃマーケティングされてるで……これは地元パンと言えるのか……。

パンの田島の看板(川口店)

ちょっと違う気がしたけど、看板超そそるし、ガラス窓から見える揚げパンがめちゃくちゃおいしそうだったので、入店。

パンの田島には「惣菜コッペパン」「甘いコッペパン」「揚げパン」という3本の柱があるそうで、恋人とふたりで全部倒そうという話になりました。

  • 惣菜コッペパンの部:コンビーフポテト
  • 甘いコッペパンの部:黒豆きなこクリーム
  • 揚げパン:半熟卵ビーフシチュー

という最強の布陣。

コッペちゃんたちは、パンを切ってその場で具を塗ってくれます。嬉しい演出ですね。

コンビーフポテトは、コンビーフぎっしりじゃないけど、ちょうどいい配分でしょっぱくて酸味のあるマヨと芋とのフィーリングがばっちり!

コンビーフポテトコッペ

黒豆きなこクリームは、クリームぎっしり。豆感は少ないけど、きなこのほどよい甘さと黒豆のコクが良い感じ

つぶあん黒豆きなこ

爆裂うまい!という感じではないけど、どれも期待を裏切らない合格点の味。

オススメする理由は、安さかな。甘いの240円。揚げパン270円。しょっぱいの350円。しかも税込!

これは何か秘密があるな……と思って調べたら、地元パンでもなんでもねえや!

サンメリーの新形態の店だった(就職支援サイトに書いてあったので間違いナシ)。

でも、株式会社のサンメリーの公式HPには情報がないの。隠してんのかな?

サンメリーの別レーベルだと『石釜パン工房』があるけど『パンの田島』はナイショでやってんのかもね。

ちなみに川口の他にも綱島に店舗があるそうです。絶妙!!!

全然地元パンじゃないけど、川口を訪れた時には行ってみてもいいかも。

コッペパン系でいえば、上野のさくらテラスにできた『イアコッペ』の方が高いけどリッチな感じがしておいしいかも。あすこは具がうまい。でも、その場で具を挟んだり塗ったりはしてくんないもんな~。

庶民系ならパンの田島。おサレ系ならイアコッペって感じか。

紹介した食べ物や店

セブンイレブンのいももち

ってかこのページやばい。茶色い楽園。ファミマのホットスナックページと全然違っておいしそう。

パンの田島(サイトがないぞおいこら~)

イアコッペ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です