これはコロッケじゃなくて、まるごと玉ねぎのスープ鍋

大戸屋はオアシスだし、かぼちゃコロッケは至高

2月3日のなんで買ったノートは、大戸屋のかぼちゃコロッケ(148円+税)。

これはコロッケじゃなくて、まるごと玉ねぎのスープ鍋

これはコロッケじゃなくて、まるごと玉ねぎのスープ鍋

なんで買ったの?

飯抜きのメニューにおかずパワーを足したかったから

仕事終わりに会社の先輩と話したくなって大戸屋に行った。

大戸屋の店内は落ち着く

机もそこそこ広いし席の間隔も狭くないし、照明も明るすぎず、BGMもジャズ。
店員さんも元気すぎないし丁寧なところもいい。

お昼に行くことが多かったけど、仕事帰りのサラリーマンがグループでご飯食べてたり、女性がひとりでご飯食べてたり、買い物帰りのおにいちゃんが食べ終わった後ずっとダベってたり。

高校生の時も王子駅前の大戸屋(ケンタッキーの上)で2~3時間ダラダラしてたな。

さすがに昼時は長居できないけど、大戸屋はデザートも豊富なので昼下がりの空いてる時間とか、21:00~23:00までの時間とかまったりできる。

デザートだと

  • 宇治抹茶わらび餅とプリンのパフェ
  • あげぱんとアイス
  • たまごぷりん

あたりをよく食べます。

値段も500円以内とかで安い。和風で統一してきてるのもいい。

近年は女性客を獲りに行ってる感じがするけど、サラリーマンも現場作業員っぽい人も、受験生もギャルもご年配の方も、おいしいものを食べてゆったり過ごせる。

やよい軒も追っかけてきてるけど、大戸屋は唯一無二のオアシスだと思う。

大戸屋の定食はおいしい

  • 鶏と野菜の黒酢あん
  • 大戸屋ランチ
  • チキン母さん煮

がローテで、たまにカキフライなどの季節ものを頼む。

今日はまるごと玉ねぎのスープ鍋をいただきました。

これはコロッケじゃなくて、まるごと玉ねぎのスープ鍋

冬の限定メニュー。

炭火でじっくり焼いた淡路島産の玉ねぎがまるごと入ったお鍋です。

白菜や水菜やにんじん、じゃがいもなどの野菜と塩麹をもみこんだ豚肉が入ってる。

もうちょっと野菜多くてもよかったけど、くったくたになった玉ねぎの甘みとチーズとコショウが効いておいしかった。

夜はお米を抜きたかったので、定食ではなく単品注文。

でもスープだけだとさびしいので、かぼちゃコロッケをプラスしてしまいました。

コロッケって揚げものやし、かぼちゃは炭水化物やし、痩せる気がしないよ。。。

でもおいしいから食べてしまう。

わたし、大戸屋で大戸屋ランチを食べるのは、かぼちゃコロッケを食べるためなの。

いびつな形に丸められたコロッケにソースをタ――っとかけて食べる。かけすぎなくらいかける。

荒いパン粉のザクザク感の後に、かぼちゃの甘みとソースの甘じょっぱさが絡んで口の中でほどける。

最高。これが150円程度でいただけるなんて。あたしゃ幸せだね。

あと、大戸屋は机の上にフリーペーパーを置いていて、季節のメニューのおすすめポイントとか「この野菜を食べると、こんなことに効く」みたいなものを学べる。すごく身近な食育までしてくれる。

メニューのシズル感も、説明も好き。愛を感じる。

これからも大戸屋はずっと行くだろうし、なにか困ったことがあったら声掛けてほしいくらい好き。

※なんで買った?とか言いながら今日はごちそうになりました。玉ねぎ鍋+かぼちゃコロッケ+黒糖アイスまでいただいてしまった。やっちまった。ごちそうさまでした


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です