鹿児島睦さんのハンカチ

鹿児島睦さんのハンカチ全部ほしい

鹿児島睦さんのハンカチ

2月27日のなんで買ったノートは、鹿児島睦さんのハンカチ(1500円+税)。

※ハンカチ買ったのは2年くらい前です(たぶん)

なんで買ったの?

ひとめぼれでも、3回ときめいたら本物だと思ったから。このハンカチを持てば「丁寧な暮らし」とやらを送れる気がしたから

もう2年以上前のことだけど、最初に鹿児島睦(かごしま まこと)さんのハンカチを見たのは、東京駅のKITTEにあるCLASKA Gallery & Shop “DO” だったと思う。

水彩絵の具で塗ったような若干ムラっぽう色のつき方、花をくわえた鳥のモチーフのかわいさ。ぶりっこじゃない(若干暗めの色な)のにとてもかわいい色の選び方にひとめぼれしてしまった。

値段を見ると、1500円+税とある。

高い……。

丸井の1階にあるワゴンでブランド物のタオルハンカチを安く買うことしかしてこなかった私は、普段買うハンカチの3倍の値段にたじろいだ。

手にとって風合いを確認する。薄いビニールに包まれていたけど、コットンの柔らかい感じやハンカチの薄さ(透けた時にちがった表情を見せてくれそうな感じ)にメロメロになった。

でも高い。

血涙を流しながら売り場に戻した。(買えるお金を持っていても)衝動買いをしないというのは、大人だと思う。

私はよく買う買うモードになってデザフェスでいろいろ買ってしまうけど、もう大人なので衝動買いはよし子さん。

でも、3回触ってときめきが止まらないものは買うようにしている。

※パーカーのインジェニュイティというペンも3回ルールを利用して買った

2回目は渋谷ヒカリエの同店舗。3回目はどこかの雑貨屋さんだったと思う。

なんど手に取ってもそのハンカチが愛おしく、自分のモノにしたいと願った。

「お弁当を包むのにも使えるし、ランチョンマットにもなるし……」なんて言い訳もした。

「こんなハンカチ使ってたら、上質で丁寧な暮らしができるんじゃないの?」私の心にいる花森安治を敬愛する少女が袖をひく。

1500円のハンカチ、買ったろやないかい。

レジに運ぶと、店員さんが特別な染め方をしていることを教えてくれた。インドの職人さんが手作業で色ごとに一判一判木版で色をのせているらしい。

引用:http://www.doinel.net/

引用:http://www.doinel.net/

なんてストーリーだ!できれば10枚くらい買ってワンピースにしたい!

でもお金がなかったので、1枚だけ買って帰った。

ヘビーローテーションしすぎて布がヘタってきている気もするけど、どんどんやさしい手触りになって自分のモノにしている感じが強くなる。

このハンカチを持っている時はオシャレしたくなるし、背伸びした場所にもでかけたくなる。

鳥と花(たぶんタンポポとポピー?)のハンカチの次は、魚とスズランのハンカチも見つけて、それは即効で買った。

お気に入りのハンカチだ。

ついこの間、ハンカチをデザインしている人が鹿児島睦さんだということを知り、他にハンカチがないか検索してみた。

あった!まだ5種類近くある。しかもお皿やハンカチ以外の布もつくってる!

本当は服がほしいけど、やっぱり高そう容疑者なので、ハンカチからこつこつ集めて行こうと思います。

あなたには、お気に入りのハンカチがありますか?

あると、すごくいいものですよ。

鹿児島睦さんのHP

鹿児島睦さんの図案


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です