ハナダロッソの玄米弁当なら健康食嫌いでも美味しく食べられる

ハナダロッソの日替わり弁当

1月6日のなんで買ったノートは、玄米菜食カフェ ハナダ・ロッソの日替わり弁当 980円!

なんで買ったの?

原宿でヘルシーかつおいしー弁当が食べたくなったから

買った理由1

正月太りがとどまることを知らず、ヘルシーなものが食べたかった

2016年も6日が経過しましたが、私は正月太りが抜けないまま。

  • 昼にとんこつラーメンと鮭おにぎりとバウムクーヘンを食べたり
  • 夜は炭水化物を抜こうと夕飯に鍋をリクエストしたのに、キムチ鍋の〆のラーメンをおかわりしてしまったり

したせいなのか?

悔やんでも、増えた2kgはすぐに減らせません。

そこで、ヘルシーな健康食の弁当を食べることにしました。

買った理由2

ハナダロッソの弁当は、ヘルシーなのにおいしい。しかもできたて

ハナダロッソの日替わり弁当

こちらが今日食べた 平日限定 HANADA(日替わり)ランチ弁当。

メインのおかずは、テンペや豆をつかったハンバーグ。

テンペはインドネシアの伝統料理で、大豆の煮豆を発酵させたもの。納豆みたいに臭かったりネバったりしないけど、コクがあっておいしいのです。

大根のお漬物と海藻、ニンジンのラペ(酸っぱくておいしいさっぱりしたサラダみたいなやつ)と玄米がついて980円(税込)です。

ハナダロッソのお弁当は注文してから、おかずに火をいれるらしく(注文から3~5分かかるものの)いつ買ってもできたてでおいしいです。

――――――

会社の近くにある 玄米菜食カフェ ハナダ・ロッソは

玄米と野菜のおかずがおいしいお店。

  • 大豆たんぱくと野菜をたっぷりつかったハンバーグに2日かけて煮込んだデミグラスソースをかけた「ベジバーグ」
  • スパイスと野菜だけで煮込んだデトックス薬膳カレー(季節の野菜のせ)

などが人気だそう。

健康食やマクロビ、ヴィーガンと聞くと(「おいしくないんでしょ?そんなこと言ったって本当はひとりでピザポテト食べたいんじゃないの?」と思って)虫唾が走るタイプの人間なのですが

ハナダロッソのおかずは、本当においしい。ピザポテトよりおいしい。

豆やコーンをふんだんに使ったコロッケや、根菜の酢豚みたいなのもおいしかった。

玄米も普段は嫌い(五穀米とかアワやヒエが入ってるやつも嫌い。鳥のエサっぽくない?)なのですが、ハナダロッソの玄米は噛めば噛むほど甘く、もっちりしていておいしく感じられるのです。

美味しいのに食べていて罪悪感がない体に良いものを食べているという実感が嬉しいです。

買った理由3

オーナー:花田さんの物語に共感できて、店が好きになる

オーナーの花田美奈子さんは、日本の外食文化の仕掛け人呼ばれています。

  • 昨年惜しくも閉店してしまった、銀座の『マキシム・ド・パリ』(苺のミルフィーユ食べたい!)
  • 新宿伊勢丹にある日本初のフラメンコ・ショーレストラン『エル・フラメンコ』

などをプロデュースした方です。

しかし、飲食店のプロデューサーという職業柄 美食三昧で「病気のデパート」と呼ばれるほど身体を壊してしまったそうです。

そんな中出会ったのが「マクロビオティック」という概念。

そこまでなら普通のストーリーですが、花田さんは「ストイック過ぎて私には無理!」とマクロビをやめ

美食三昧の経験を生かしてマクロビを軸に、味と見た目にこだわった『ハナダ式玄米菜食』を考案してしまったのです!

「本当に大切な事はストイックで続けられないより、美味しくて体に良い料理を食べ続ける事よ!」
――花田美奈子

自らの経験を生かし「おいしい」ことにフォーカスした自己流の健康食を考案して、必要とする人に広めているというところが素敵です。

  • やや高い
  • 量が少なめ

というところが難点ですが

身体に良くてヘルシーでおいしい物が食べられるなら、980円くらいは(たまに)出してもいい値段だと思います。

テイクアウトだけでなく、店内では

  • チーズが入っていない酒粕入りのレアチーズケーキ
  • バナナとキャロットチップのパウンドケーキ
  • 12種類の有機野菜ジュース

なども楽しめるので、原宿で健康食が食べたくなった方はぜひ!

玄米菜食カフェ ハナダ・ロッソ
http://hanada-rosso.net/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です