歌広場 赤羽店

DAMのまま音で歌うとご本人登場→一緒に歌うみたいなノリで歌える

6月2日のなんで買ったノートは、歌広場でヒトカラ2時間(ソフトドリンク飲み放題ついて1200円)。

なんで買ったの

どうしよもなく歌いたくなった

まま音(本人映像+歌唱)にびっくり

1日の間に、いろんな気持ちになる。

買いたくないし、食べたくないし、読みたくないし、観たくもない。

そんな気持ちになったとき、歌しかない。となってカラオケに行く。

ヒトカラなのに広い部屋

ヒトカラなのにめっちゃ広い部屋案内された。赤羽店にこんな広い部屋あんのか

2時間たっぷり歌うと、靄が晴れる。落ち着く。

東京事変→星野源→くるり→キリンジ→スマイレージ→モーニング娘15’→aiko→サザンオールスターズ

みたいな流れで歌ってたんだけど、DAMの本人映像(サザンのライブ映像)を観てびっくり。

ライブ映像に歌や演奏、客席の歓声までガッツリ入ってるやんか。

まま音なら、一緒に歌うことができる。

「いやいや一人で歌いたいのよ。歌声は邪魔なのよ」って人もいるかもしれないけど

ものまね王座決定戦で、ご本人登場する場面があるじゃない?

ご本人が出てきたら、基本ものまねしてる人はご本人にマイクを譲って歌わせるんだけど

たまに、かたくなにマイクをゆずらないというか、一緒に歌うタイプの人がいて

まま音はそういう人みたいな気分になれるよ。

サザンに助けられることの多さよ

ロックンロールスーパーマン

中学生の頃『海の海のYeah!!』を買ってから、サザンが大好きになった(愛の言霊とかも好きだったけど、サザンってちゃんと認識してなかったからね)。

桑田さんはライブの時(映像でしか見たことないけど)時々、「負けるな」とか「死ぬなよ」とかっていいながら歌う。

私は桑田さんが大好きだから、そういうシンプルな言葉がストレートに響くのだ。

カメラへのサービスも厚いので、カラオケのモニターを通してみても自分に言われたり、自分に向けてウインクされてるのではないかと錯覚する。それでいいと思う。

『葡萄』というアルバムは正直あまり好きではないのだけど『はっぴぃえんど』という曲だけとても好きで、この曲のためにアルバムがあるといってもいい。

大病された桑田さんが原坊(さん)を想ってつくった歌なのだとか。

歌詞もメロディもとてもすてきで、まま音で歌を聴きながら一緒に歌って爆涙した。

あと『ロックンロール・スーパーマン~Rock’n Roll Superman~』歌いながら泣くってすごい。ナルシーな感じするけど歌詞と音を感じまくって浄化される感じあるよ。キモかったら申し訳ないけど。

アルバム『キラーストリート』はめっちゃ好きです。

まま音(本人映像&歌唱)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です