アンデスの鉄板ナポリタン

練馬 アンデスで鉄板ナポリタンを食べよう

4月1日のなんで買ったノートは、アンデスのナポリタン(サラダと飲み物付きで税込900円)。

なんで買ったの?

練馬にいて、アンデスでナポリタンが食べたい脳になったから

恋人が桜台に住んでいるので、練馬にはよく行く。

駅の下にあるブックスページワンや中華料理の小姑娘、広くて空いてるバンコントマテや夜遅くまでやっているケーキ屋のノアパパ、インポート雑貨のクールドゥクールなど寄る店も多い。

中でも1番よく行くのは、駅前の喫茶店 アンデス。

  • ベージュ色の不思議な洞窟のような内装
  • 壁一面が本棚で、黄ばんだ漫画や小説、週刊誌に新聞、雑誌の種類も豊富
  • 明るすぎず暗すぎない落ち着いた白熱灯の光
  • 落ち着いて本が読めて長居しやすい(嫌な顔されない)
  • 飲み物が安い
  • 客層も年齢が高くギャーギャー騒ぐ人がいない
  • というところが気にいっていて、もう何年も通っている。

※チョコレートパフェを日焼けパフェと呼んでいるところもかわいい

ホットチョコレートやレモネード、ソーダ水をよく頼むけど、1番のオススメはナポリタン。アンデスの鉄板ナポリタン

鉄板の上でジュージュー声をあげるナポリタン。

ケチャップ味が濃くて、野菜の存在感が薄く麺の量が多くて、とってもおいしい。

私は今日、300円プラスしてサラダと紅茶を付けたけど、ナポリタン単品ならなんと600円!

シンジラレナーイ!

調べてみると、アンデスは漫画家のあだち充もお気に入りで

タッチに出てくるナポリタン(南風で出されるメニュー)のモデルなのだそう。

びっくらこいたびっくらこいーた。

トイレが和式なことだけが残念だけど、ひとりで本が読みたい時も、ちょっとした打ち合わせにも使えるので、アンデス、おすすめです。

※たまに鉄板ではなく、お皿に盛られてナポリタンが出てくることがあります。鉄板のは運がいい

喫茶 アンデス

http://s.tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13054285/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です